プリウス(PURIUS) 値引き

プリウス 値引き 相場


プリウスはいくら値引けるの?こんなことを考えた人はいっぱいいると思います。おおよその相場は販売価格の2割程度です。ですので売り手の値引きの限界ラインは2割だといえます。これ以上は難しいと言わざるを得ないでしょう。

プリウス 値引き 限界


本体価格の2割が限界と言いましたが、さらにもう一工夫することでプリウスを安価で購入できるようになるかもしれない方法があります。答えはディーラーであなたのお車を下取しない

おそらく大半の方がディーラーで下取りをしているはずです。あなたもそうではありませんでしたか?もし、下取りしていたら実に勿体無いです。なぜなら、ディーラー下取価格より、あなたのお車を高く買い取ってくれる可能性の中古車販売店があります。車種によっては買取額が通常下取り価格より+50万とかあります。中古車市場で人気の車種は、とくに金額が違ってくることが多いですから。

一つの理由として中古車市場は日本だけではないということです。あなたの車は日本では価値がないかもしれませんが、海外では価値が上る可能性があります。車をディーラーに売る前に一度カービューで下取りの見積もりをしてみて下さい。
1位 カービュー

公式サイトはこちら

買取り査定が無料です。
無料なんだから食わず嫌いにならずに。

3つのNo.1だから安心。

サービス稼働期間 業界No.1
サービス参画企業様数 業界No.1
ユーザー査定見積もり実績 業界No.1

公式サイトはこちら

2位 カーセンサー

公式サイトはこちら

3分で査定完了
あなたの車を複数社で見積もりを貰えることが出来るので一つ一つ見積もりを取るという煩わしい手間が省けます。

車買取査定額UPのお手軽テクニック54という記事集や買取時の手続き等Q&Aもあり、査定してもらう上でのポイントもチェックできます。

公式サイトはこちら

3位 かんたんj車査定ガイド

公式サイトはこちら

簡単な車情報の入力だけで、
最大10社に一括で見積もりができます。

ボタン一つであなたの中古車の最高額が
分かるので試さない理由がありません。

高額査定をしてくれる会社を探して走り回る時代はもう終わり。車を高く売りたいのならネットで一括比較です!

公式サイトはこちら



プリウス 値引き 地域差


地域によって嗜好も違えば交通事情や立地も違います。つまり、必要とされている車にも差があり、需要の高い車種は安く、低い車種は高い傾向があります。プリウスのような低燃費とうたっている車種は全国差があまりないのですが、車の形式、たとえば前輪駆動や4輪駆動では車自体の性質にも差があり、地域ごとの差が大きく現れます。

実例を挙げてみましょう。

豪雪地帯では4輪駆動車が人気です。車自体の好みによる人気ではなく、必要性の高さによる人気です。4輪駆動車は走行時の運転性に関しては二輪駆動の物に比べて固い印象があります。しかし、タイヤのグリップ力が強く、滑りやすい路面での制動性が高いというメリットがあり、路面凍結時でもスリップしにくいのです。また、積雪に対しても走破性が高い為、豪雪地帯では需要が非常に高いのです。つまり、こういった地域では4輪駆動車がよく売れているので値引きしてもらえやすいといえるのです。

設定価格が200万円の場合、A県では180万円ほどで買えるプリウスでも、B県では190万円ほど掛かる場合があるのです。こういった地域性による需要の違いで、相場に差が出ているのです。逆に言えば、同じ県内ではそれほど大きな差が無いともいえますね。そのような場合は、少し足を伸ばしてみると良いかもしれませんね。


carview


プリウスの値引き交渉のコツ


値引き交渉にはいくつかコツがいります。まず一つ目が交渉的イニシアチブです。交渉事において、強い立場の方が有利に交渉が進められます。A社とB社の二つの会社が取引を検討しているとします。A社は「B社以外にも取引を持ちかけられている」状態、B社は「どうしてもA社と取引がしたい」状態だとした場合、イニシアチブはA社にあるといえます。この場合、A社はB社に要望などを提案しやすいといえますば、B社はA社に対して強く要望を主張できません。

プリウスの購入の際の交渉も同じです。先ほどの例にあげたA社の立場になれるかどうかで満足いくプリウスの値引きが出来るかどうかが掛かっているといっても過言ではありません。ただ、だからといって、大きな態度で交渉すればよいというのではありません。自分の立場が例え強くても、相手に与える印象が悪ければまったく意味が無いからです。そこで、静かなプレッシャーを用意しましょう。その代表的なのが、他の販売業者で取った見積もりです。販売業者ごとにプリウスの見積もりを取る事で、販売業者からしてみても、値引きの最終ラインが見え、具体的に検討ができるようになりますし、他にも変える場所があるというイニシアチブを得ることができます。

次にコツとして挙げられるのが「プリウスの値引きをしてくれたら買う」という意思表示です。極端に言いますと、販売する側にとって「購入しようか考えている人に買ってもらえるであろう価格で売る」より「買う意志の強い人に確実に買ってもらえる価格で売る」方が確実に売れる分大切にしたい御客ともいえます。つまり、買うかどうか不鮮明な人よりも間違いなく買ってくれるであろう人の方が前向きになってくれるといえるのです。試乗したり、何度か店舗に足を運んだり、他社で見積もりを取っている事を伝えてみたりと購入意志の高さを上手く伝えると良いでしょう。

まだコツは他にもあります。オプション部品を含めて購入を検討している場合は、オプションという存在を上手く交渉に織り込みましょう。前述の通り、売り手側としては車本体の値引きについてはあまり積極的とはいえません。ですのでオプションをつけるなどの提案がよくされます。オプション付きの購入をはじめから検討していたとしても、それはあえて伏せ、最初は本体価格から交渉しましょう。オプション品をサービスする提案があれば、それだけでもオプション分お得に購入する事ができますね。もうひとつは、オプションも購入するので値引きしてくれないかという切り出しです。ここで最初にオプションは元々買う予定である事を伏せていた意味が出ます。売り手側からしてみれば、買い手側も譲歩したように移り、それが購入意識が高い印象を与える事ができるのです。
あなたの愛車は今いくら?全国200社の買取店ネットワークが回答します!!